Home

紙 の 月 ドラマ あらすじ

木下ほうか 石川県警捜査一課 警部補。 庄田と梅子の心中事件を担当している。 事件に不自然な点があることを認めているが、決定的な証拠を見出せないため、心中を他殺と疑う杉本をたしなめようとする。 福田梅子(ふくだ・うめこ). See full list on writerzlab. 紙 の 月 ドラマ あらすじ 【冬ドラマ一覧】年1月スタート! 注目の新ドラマ情報まとめ. 紙の月 サスペンスドラマ nhk 火曜22:00-22:48 原田知世のあらすじを知りネタバレまで全て観ようと思っているのならvodで観ないと確実に損をします。 それはなぜかというとまずは第一に紙の月 サスペンスドラマ NHK 火曜22:00-22:48 原田知世をいつでもどこでも何. 主婦を中心に話題になった今作品ですが、女性だけでなく男性にも見るべき価値があります。夫婦関係のリアルな描写と、夫婦の会話の一つ一つの言葉の積み重ねが関係を築いていくのを痛感させられます。 お金の問題は今の日本人の大半の方にとって関心があることでしょう。それぞれに感じるものがあるだろう、そんな作品です。. 中国、台湾などの華流ドラマあらすじ一覧になります。 50音順に並んでいます。 タイトルをクリックすると、全話一覧に飛びます。 相関図やキャスト情報なども見ることが出来ます。 ⇒中国ドラマ(華流ドラマ)週間人気ランキングは. nhkドラマに関する総合情報サイト。 新作トピックスや再放送情報はもちろん、放送中の番組に関するデータも充実しています。 ドラマ10「紙の月」 | NHKドラマ.

。 平林は梨花に茶を淹れろと言い、後ろから梨花の肩に手をやりました。 セクハラされそうになった梨花を助けたのは、平林の孫・光太でした。 梨花は平林から大口の国債の契約を取ります。支店に戻った梨花は、上司・井上から手放しで褒められました。 今井の送別会の日、梨花は平林の孫・光太と駅で再会します。光太が熱い視線を送ってくるのを、気づまりに思いつつも梨花は快感でした。 家賃収入で生活する裕福な老婦人・たまえから預入金を預かった日、梨花は支店に帰る前にデパー. 41歳主婦、一億円横領。nhkドラマ10「紙の月」。年1月7日(火)スタート!【総合】毎週火曜日 午後10時から10時48分<連続5回>. のつもりでのプレゼントです。それに対して正文は、年相応の高級品を梨花に勧めました。互いに悪気はありません。ただ梨花としては、自分が働いた金を軽視された気分になります。 梨花の営業の仕事は外交で、取引相手の各家を回って集金したり、得意客にお勧めの金融商品を紹介したりするものです。 19年勤務した同僚の女性・今井が退職することになりました。異動を蹴っての依願退職で、実質的には「肩叩き(辞めるよう追い込まれた)」です。年齢を重ねて給料が高くなる女性の正社員を辞職に追いやり、安くて若い契約社員を取るのが、わかば銀行の方針でした。 その今井から引き継いだ裕福な独居老人・平林を訪問した梨花は、平林からあれこれ問われます。結婚して何年目だとか、子どもはいるのかとか. See full list on mens-full-life. 佐々木すみ江 芳子の夫・潮田早雄の実母。 死ぬまで嫁の芳子の介護.

。登場人物全てに金銭感覚がつきまとい、そしてそれに付随してくるものをリアルに描写していきます。 NHKのドラマも原作小説も拝見しましたが、特にドラマの方が結構シリアスな場面が多く大きなインパクトを受けました。決して楽しいドラマではありませんし、見終わった後に元気になれるわけでもありません。でも、見終わった後に後悔はしない作品だと思います。. 。 梅澤梨花は、子供には恵まれなかったものの、夫・正文と平凡で穏やかな暮らしを送っていました。 梨花は4年前からわかば銀行のパートとして働き始め、先日、営業の契約社員となりました。 上司・井上次長からの評価も高く、梨花の仕事ぶりは信頼されていました。 同じ支店の同僚には、厳しいベテランの事務員・より子や、いまどきの若い女子社員の窓口係・恵子らがいます。 一見すると何不自由のない生活を送っている梨花でしたが、家庭では正文との気持ちのすれ違いが生じていました。 たとえば. 紙の月()の映画情報。評価レビュー 5237件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:宮沢りえ 他。銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。.

紙の月のあらすじ・作品解説 『紙の月』は角田光代原作のサスペンス小説です。年1月7日から2月4日まで、nhk総合より全5回で放送された連続ドラマです。 主人公の主婦・梅澤梨花を原田知世が演じます。. この作品のテーマは「女性の金銭感覚」がメイン。主婦、主婦から働きに出たパート、離婚を経験した働く女性、そして自分の生活レベルに見合わない金銭感覚に溺れる女性. これが全ての始まりでした。この「ATMから現金を引き出す、ひと手間の面倒くささ」から端を発したのです。いえ、元々梨花にその素質があったこともありますが、それは後に述べます。 その日の帰り、地下鉄の駅の向かいのホームに光太を見つけた梨花は、相変わらず熱い視線を送って来る光太に応えるように向かいのホームへ行きました。 満員電車に乗った光太と梨花はホテルへ行き、身体を重ねます。 カルティエの時計をしている梨花に、同僚・恵子が注意しました。他人の金を扱う銀行は、銀行員の持ち物にも目を光らせていると言います。 不倫相手から貰ったロレックスの時計を「勤務中は外す」と告げた恵子は「でもいろいろと我慢してるのが嫌になって」「やりたいことは、やりたいじゃないですか」と梨花に同意を求めます。 図らずも年下の相手・光太と不倫したばかりの梨花の本音に当たり、梨花の気持ちを後押しするかのような一言でした。光太と情事を重ねる梨花は、次第に罪悪感が失せます。 保険の満期の払い戻し金を新規定期預金に回す平林が、会話のついでに孫・光太に「あの年で借金がある」とぼやきました。光太は大学3年生です。 梨花が光太を問い詰めると、消費者金融に150万円の借金がありました。しかしそれは父がリストラにあって払えなくなった「学費のための借金」でした。 平林の新規定期預金の証書を作ってもらった後に「書損処理(キャンセル処理)」して現金200万円を手に入れ、光太に渡しました。 「利子なしで貸したと思って」と言われた光太は、梨花の家庭が裕福なのだと勘違いします。 夫・正文の上海転勤が正式決定しました。正文は梨花を連れて行くつもりでしたが、梨花は「責任のある仕事を任されている」と言い、日本に残ります。正文は単身赴任しました。. 。 小島(こじま)警部補. 遊井亮子 紙 の 月 ドラマ あらすじ 芳子が最初に働いていた西銀座のバー「エンゼル」のママ。 潮田久子(しおた・ひさこ).

原田知世さん主演!角田光代さん原作「紙の月」ドラマ化!(年7月12日 nhkドラマブログ 年9月8日閲覧) 外部リンク. 1995年. 。 光太と梨花の関係は続いていました。逢瀬のたびの会計は、梨花がするのが当然になっていました。「クレジットカード使わない人?」と光太に問われた梨花は、カードを作ることを考えます。 光太は梨花に、月々5万円の返済をしていました。封筒に入れて返済し、そのたびに感謝の言葉を述べる光太を、梨花は嬉しく思います。 光太の大学の女性の同級生2人に街で会った梨花は、「お姉さん?」と訊かれて「そうだ」と答えました。 裕福な老婦人・たまえ宅に呼ばれた梨花は、たまえに認知症の気配があるのを察知して、たまえの金300万円を着服します。山手信用金庫へ新規の自分用の口座を開設した梨花は、300万円を預けるとクレジットカードを作りました。 光太と梨花は3泊4日の贅沢なホテル暮らしをします。たくさんの買い物をし、部屋で出前を取った2人は楽しい時間を過ごしますが、その週末だけで150万円近くを浪費しました。 もっと着服して金を得ねば、と梨花は思います。それからは、自宅にパソコンとプリンタを購入し、わかば銀行の証書を持ち帰り、証書を偽造したり印鑑を複製したりしました。 営業の仕事にも精を出し、金持ちの夫妻に孫の積立預金を勧めたりして、次々に横領していきます。. 。 岡崎木綿子:梨花とは高校時代の同級生。結婚した後、行き過ぎた節約とお金への執着が家庭環境に影響を及ぼしていく。 中条亜紀:梨花の友人。買い物依存症で離婚を経験し、夫のもとで暮らす一人娘との関係もぎくしゃくしていく。 平林光太:梨花の得意客の孫。映画制作に情熱を片付ける貧乏大学生で梨花へ恋心を抱く。. ドラマでは既に銀行に勤める女性として話はスタートしますが、原作では専業主婦としてスタートします。あらすじの骨格部分のみを掲載し、細かいエピソードは省いています。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ここからあらすじ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 夫婦に子どもが出来ず、夫との微妙な、ほんとに小さな違和感を抱きつつも何不自由内生活を送っていた。 友人、亜紀に子どもが出来たことで心境の変化が起こり、亜紀のアドバイスもあってパートに出る。かつてカード会社に勤めていた経験もあって、銀行のパートに出始める。徐々に自分の存在価値や居場所を見つけ出し、自分で稼いだお金で自由を満喫する喜びを感じ始める。 亜紀と長らく会っていなかった梨花。電話をしたらなにを話そうか、そんなことを考えているうちに会っていなかった間何の変化もなくパートに出ているだけの日々を思うと、急に焦りが出始める。離婚後にはアルバイトやパートから仕事を始め、今では正社員として忙しく働く亜紀と比較し、今の自分は前に進んでいないのではないか。 以前から誘いのあった9時~5時の契約社員に興味を持ち、試験をパスして以前にもまして仕事のやりがいを感じていく。.

須藤理彩 庄田が務める東京のデパート店員。 庄田とは愛人関係。 能登の関野鼻で庄田とともに遺体となって発見。 庄田恵(しょうだ・めぐみ). 監督:吉田大八 年11月に松竹から配給紙の月の主要登場人物梅澤梨花(宮沢りえ) ヒロイン。旧姓は垣本。わかば銀行の営業担当。罪悪感が薄い。夫婦仲はいいが子供はいない。梅澤正文(田辺誠一) 梨花の夫。商社に勤めるエリートで働く女性. . 女優の原田知世が、年1月放送のnhkドラマ10「紙の月」に主演することが分かった。直木賞作家・角田光代氏が第25回柴田錬三郎賞を受賞した. 北村有起哉 芳子の夫。 本間代議士の秘書。 本間の地元、石川県羽咋市で働いている。 流産を経験している芳子との間に子供を作るため、本間の入閣を機に秘書を辞め、東京へ帰る決意を固める。 広田(ひろた). 杉本隆治(すぎもと・りゅうじ). 西田尚美 東京のデパート警備員・庄田の妻。 愛人と心中した夫に腹をたて、遺骨箱は押し入れにしまったまま。 しかし、訪ねてきた杉本の前では、2人の子供と共に遺骨を前に手を合わせ、涙を流す。 由紀子(ゆきこ).

. 年NHKでスタートする新ドラマ『紙の月』は、 直木賞作家・角田光代が柴田錬三郎賞を受賞した同盟小説をドラマ化。 主演の原田知世が1億もの金を横領した主婦の心の闇を熱演しています 新ドラマ 紙の月 あらすじ 主人公の梨花は、誰かのためになりたい、正しくありたいという信念をもっ. 最終更新日:年11月30日 年1月期の冬クールの新ドラマまとめ一覧.

映画『紙の月』ネタバレあらすじ ごく普通の主婦が横領! /6/16 /6/17 邦画 この映画は、宮沢りえさん演じる主人公の梅澤梨花が池松壮亮さん演じる大学生に恋をして、金に困っている彼を助けるために銀行の金を横領し使い込む、という流れになって. 1994年. その後、東南アジアの街角に梨花はいました。 落ちた青リンゴを拾う少女を手伝った梨花は、1つの青. 『紙の月』は年の映画。『紙の月』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなど. See full list on hm-hm. 年1月より放送スタートの注目ドラマ情報(出演者・あらすじ・最新ニュース. 碧の海~LONG SUMMER~ ラスト・ドクター~監察医アキタの検死報告~ 家族狩り アオイホノオ アラサーちゃん 無修正 水球ヤンキース 花子とアン 近キョリ恋愛 おやじの背中 芙蓉の人~富士山頂の妻 魔法★男子チェリーズ 匿名探偵.

宮沢りえ主演の映画「紙の月」、原田知世主演で全5話でNHKでドラマ化された「紙の月」、両方の作品がU-NEXTで現在配信されています。FODプレミアムでは映画版のみを配信中。 U-NEXTでは映画版は見放題で追加料金無し、ドラマ版はNHK作品なので1話ずつ課金する必要がありますが、無料トライアル期間中に600ポイント貰えるので、それを使って視聴することも出来ます。 無料トライアル期間は31日間あるんで、「U-NEXTを無料トライアル期間だけで解約する方法」に書いてある無料期間のうちに作品を視聴して解約する方法を使えば、完全無料で映画版の紙の月を視聴してしまうこともできますよ。 ちなみにFODプレミアムでも映画版が配信されています。ドラマ版はU-NEXTだけですが、映画さえ視聴できればいいって人はFODプレミアムも検討してみてください。 FODプレミアムでも無料お試しだけの解約ができます。詳細は「FODプレミアムの1ヶ月無料お試しの登録方法【無料期間だけで解約】」にて。. 映画『紙の月』のあらすじについてまとめます。 ※多少 ネタバレ もありますので、ご注意を。 幼少時代から裕福な家庭で育った 梅澤梨花(宮沢りえ)は 結婚して平凡な生活をしていた。 子供は生まれず時間に余裕のあったため. 紙の月の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る. 店員に話しかけられ、化粧品のセットを買おうとした時、思った以上に高額の値段を請求されました。 梨花はクレジットカードを持っていません。以前に夫・正文に申し込みたいと言ったことはあるのですが、「必要な時に銀行でおろせばいい」と返されて、そのままでした。 フェイスパウダーを外してもらっても38728円で、手持ちのお金が足りません。 梨花は、たまえの集金分から1万円だけ拝借して支払いを済ませ、その後ATMでお金をおろし、集金袋に戻しました。. 名優・田村正和さんが 松本清張の名作で、“かつて父娘を演じた2人の女優”と共演する今回のドラマ。 追い詰められる広末涼子さん、 田村さんとともに真相を追う水川あさみさん。 小説家の視点で描く新たな解釈で これまでにない珠玉のドラマが誕生しました。 北陸新幹線の開通で脚光を浴びている、石川県の金沢、能登半島の、美しく力強い風景と、豪華キャストが揃った極上サスペンス。 ★ 「地方紙を買う女」は、松本清張が1957年に発表し、過去には映像化もされてきた短編小説の名作です。 ドラマ「点と線」、「砂の器」、「疑惑」などの清張作品でおなじみの脚本家、竹山洋さんが、新たな視点で描いています。 原作では、自らが関わった事件の捜査状況を知るために、「連載小説が面白いから」という理由をつけて、東京から地方紙の購読を依頼する女性の目論見が、小説の原作者によって破綻するまでが描かれています。 紙 の 月 ドラマ あらすじ 今回のドラマでは、その流れを、現代の金沢を中心とした石川県を舞台に、小説家の視点で描写しています。 小説家の女性アシスタントなど、独自のキャラクターも登場。 小説家という立場で女を追い詰めていく男、心ならずも犯罪に関わってしまった女、それぞれの心理を、味わい深く描いています。 ★ 出演は小説家・杉本に田村正和さん、地方紙の購読を希望する芳子に広末涼子さん、杉本のアシスタント・ふじ子に水川あさみさん。 広末さん、水川さんとも、過去に田村さんとは父娘役で共演していて、今回は、それぞれ十数年ぶりの共演になりました。 そのほか、佐野史郎さん、寺島進さん、大杉漣さん、橋爪功さんといった豪華ベテラン俳優陣。 芳子の夫・潮田に北村有起哉さん、心中事件を追う社会部記者に片瀬那奈さん、愛人と謎の心中を遂げる男・庄田に駿河太郎さん、さらには木下ほうかさん、須藤理彩さん、遊井亮子さん、西田尚美さんらが集結。 謎解きサスペンスには留まらない、男と女の人間ドラマを、それぞれの俳優さんが、重厚な演技で盛り上げています。. 駿河太郎 東京のデパート警備員。 能登の関野鼻で、愛人の梅子と共に遺体で発見。 不倫関係を精算するために、梅子と青酸カリによる死を選んだとみなされるが、その心中現場には不自然な点も.

ついに年が始まります。 tokioの長瀬智也が最後と言われるドラマの主演で登場します。. 支店長も責任問題を問われるので、自己保身のためできればどうにかしたいと考えました。 しかし額は支店長たちの想像以上で、さらに梨花は横領していてもなお、600万近い額の借金を抱えていました。 井上次長と支店長が席を外した間に、より子は借金を肩代わりしてもらえる親族がいないか梨花に訊きます。 「みじめだ」と呟く梨花に、より子は「あなたはしたいことをしたんでしょ」と言います。特にしたいことがないまま漫然と生きているより子にとっては、巨額を横領した梨花の方が人生を満喫していると考えたのです。 「紙の月(紙でできた偽物の月)はニセモノだから壊したっていい」と梨花は言いました。いっぽうで、お金では自由にはなれないと痛感します。 椅子で窓ガラスを割った梨花は、より子に「一緒に来ますか?」と問いかけました。不意を突かれたより子はひるみ、梨花は全力疾走で会議室から逃げ出します。. 梨花のお得意客である平林孝三の自宅でその孫である光太と出会う。彼のプッシュと、子どものような可愛さに徐々に心を許し、梨花と光太はその関係にのめり込んでいく。二人が会う場所は彼の自宅からホテルのスウィートルームに、そして彼のために借りた家賃28万円の家へと変わっていく。 そして次第に彼の純粋だった性格は様変わりし、そして別の女を作り、彼女が作った檻の外へと羽ばたこうとしていく。. 契約社員になって初の給料で、梨花は夫・正文にペアウォッチをプレゼントします。しかし正文は気に入らないようで、お礼は言いながらも「仕事っていうか、ゴルフでしていく」と言い、しまいこみます。 そして後日、上海への出張土産として梨花に買ってきたのは、カルティエの時計でした。「これくらいのものを身につけてもいいんじゃない?」と平然と言われ、梨花は軽くショックを受けます。 梨花としては金ではなく気持ち. 小説 第二十五回 柴田錬三郎賞 - 集英社; テレビドラマ 紙の月 - nhk; ドラマ10 紙の月 - nhk名作選(動画・静止画) nhkアーカイブス. 片瀬那奈 金沢日々新聞 紙 の 月 ドラマ あらすじ 社会部記者。 庄田と梅子の心中事件について、取材結果を杉本に説明。 2人の心中に疑惑を抱いている。 庄田咲次(しょうだ・さくじ). 紙の月 の解説・あらすじ、映画レビューやストーリー、予告編をチェック! 上映時間やフォトギャラリーなども。.

水川あさみ 小説家・杉本のアシスタント。 杉本の手書き原稿をパソコンで入力する。 婚活中で、おっちょこちょいな性格。 小説家として尊敬する杉本のために、労を惜しまず行動的な女性。 潮田早雄(しおた・はやお). 光太はどんどん横柄になっていきます。最初は封筒に入れて返していた金も、今では裸のまま2万円渡すようになり、「先輩が仕事なかなか回してくれなくてさ」とぼやきました。 バイトを探して金を返すと言い出す光太を、梨花は制止します。 光太は部屋に別の女性を連れ込み、梨花に露見すると「いつまでこんな生活が続くのかと思うとたまらなくなる」と言い、光太は梨花に別れを告げました。 空いた部屋を使い、梨花は証書の偽造を続けます。 ベテランの事務員・より子が本店への異動を打診されます。肩叩きです。 若手だけだと務まらないと井上次長に食い付いたより子は、ここ半期のミスを探して提出すると豪語し、調べていて書損処理の証書がないことに気づきました。書損処理をおこなったものについては、原本を保管しておく決まりです。 担当者の印鑑は恵子のものですが、梨花が怪しいと睨んだより子は、それを井上次長に告げます。200万円の平林の国債です。 梨花を呼び出した井上は、梨花に恵子との不倫をネタに脅され、一旦は引きさがりました。より子は井上の尻を叩きます。 本格的に調査したより子は、梨花の横領が複数あり、しかも合計額が巨額にのぼると気づきました。 井上次長だけではなく支店長も知ることになり、呼び出された梨花は詰問されます。全額返済できれば刑事告訴は免れる. 梅沢梨花(宮沢りえ)は永い間、専業主婦だった。最近、契約社員として就職し現在は銀行で営業をしていた。 主に仕事はご老人の顧客回りと、新しいローンや金融商品の紹介などだった。. 以前から夫婦で子どもが出来ないことを悩んでいたが、夫は優しい言葉を掛けるだけでなんら行動に移す気配はない。さらには働きに出る妻よりも、自分のほうが存在が大きいことを事あるごとに見せつけるような行動、言動に違和感を感じ続ける妻。 紙 の 月 ドラマ あらすじ 優しい夫には違いない。でも、本当の所は理解しようとしない夫。そんなおり、仕事の関係で上海への転勤が決まり夫婦で移住を当たり前のように予定する夫だったが、妻は反発し結局は単身赴任という形で海外へ赴任していく。 それからの梨花は当時のめり込み始めていた光太の存在が日に日に大きくなっていき、そして歯止めが効かなくなっていく。. 小説家の杉本(田村正和)は、地方紙・金沢日々新聞の連載が決まって、東京から金沢へ移住した。 自らの作家生命を賭け、連載小説「遠い記憶」の執筆に専念し、作品の評判は上々で、同紙文化部長の服部(佐野史郎)から連載の延長を依頼された。 そんな折り、杉本は、東京に住む芳子(広末涼子)という女性が、「『遠い記憶』を読みたいので購読したい」という手紙を新聞社に送ってきたことを聞かされた。 「芳子はどこで自分の小説を読んだのか、そしてなぜ途中から読みたいというのか?」と、杉本はささやかな疑問を抱く。 杉本のアシスタントのふじ子(水川あさみ)は、「手紙は服部の捏造ではないか」と、「杉本が候補になっている文芸賞の落選が決まり、執筆意欲を失わせないように」、と言う。 ふじ子は居ても立ってもいられなくなり、一人上京し、芳子の存在を確認すると、一旦は安心した。 しかし、身分を偽って接近した芳子から、何がしかの思惑を感じ取ったふじ子は、疑惑を払拭することはできなかった。 ★ 紙 の 月 ドラマ あらすじ 数日後、芳子から、「遠い記憶」がつまらなくなったからと、購読を断る手紙が送られてきた。 「小説は最近になって面白くなってきたはず」、杉本には自信があったし、小説家仲間の東山(橋爪功)もそれを認める。 杉本は、芳子の一連の行動に、「この読者は、私の小説が読みたくて新聞を購読したのではない」と、一つの決断を下した。 ”なにが目的で金沢日々新聞を購読したのか?” 杉本とふじ子は、芳子が購読を希望した日付の新聞から詳細に読み返し、東京と北陸を結ぶ、「ある心中事件」の記事を見つけた。 それは、「東京のデパート警備員・庄田(駿河太郎)と、愛人でデパート店員の梅子(須藤理彩)の遺体が、関野鼻で発見された」というものだった。 ”芳子が読みたかった記事は、この心中事件に違いない!” そう確信した杉本は、銀座の高級クラブで働く芳子を訪ねた。 杉本が「遠い記憶」の著者とわかり、芳子は素直に詫びた。 紙 の 月 ドラマ あらすじ 夫の潮田(北村有起哉)は代議士の秘書のため、羽咋に単身赴任していて、自分は東京で、今は亡き姑の介護に追われていたという芳子。 その夫も秘書を辞め、15年ぶりに東京で一緒に暮らせるようになるという。 「幸せになれますね」という杉本の言葉に、芳子は何故か、複雑な表情を見せた。 初対面の男女の何気ないやりとりのあと、帰り際に杉本がそっと置いていった. エアコンフル稼働です。電気代こわいですね~。そんな時は本を読んで得意の現実逃避します。明細書が郵便受けに入り、即効で現実に引き戻されますがね。角田光代「紙の月」 あらすじ・感想紙の月 (ハルキ文庫)これは日本アカデミー賞で初めてあらすじを知. 梨花は罪悪感がありませんでした。 光太は梨花に依存していきます。梨花にマンションを借りてもらい、Macのパソコンを買ってもらった光太は、梨花に内緒で大学を辞めていました。 問い詰める梨花に「就職浪人ばかりで卒業しても先が見えている」「先輩の仕事を手伝うことにした。ホームページ作成の勉強をする」と光太は言います。 その頃、梨花は恵子の不倫相.

Amazonで角田 光代の紙の月。アマゾンならポイント還元本が多数。角田 光代作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 梅澤梨花:子どもが出来ないことに悩んでいた夫婦の妻。生活の変化と自分の存在価値を求め、銀行のパートに働きに出る。年下の男性、光太と出会い金銭感覚は崩れお客のお金に手を出していく. 映画 紙の月 あらすじ①.

実はこの梨花の「素質」には予兆がありました。 カトリック系の女子校に通う中学生時代の梨花は、『愛の子供プログラム』という募金活動に人一倍熱心でした。 その学校で募金をつのり、寄付した相手からは感謝をこめた手紙が返ってきます。梨花には左頬に火傷の痕がある少年に送られていました。 学校の教え〝受けるより与える方が幸いである〟を、梨花は痛感し、周囲が募金活動に飽きるなか、自分ひとりでせっせと募金を続けます。 そしてある時、父の財布から盗んだ金5万円を寄付しました。 この大口寄付が問題となり、『愛の子供プログラム』は中止になります。しかし梨花は納得がいきません。寄付のために父の財布から金を盗む行為. 昨日映画版『紙の月』を観て、ドラマはもっと詳細が描かれているだろうと思って観たところ、その期待を上回る出来で非常に良かったです。nhkは質の高いドラマを作ります。 【下記ネタバレを含みます】. 映画『紙の月』ネタバレあらすじキャスト評価 宮沢りえ池松壮亮出演【概要・キャスト】 こんにちは、m&oです。 今回の絶対おすすめ映画は『紙の月』です。.