Home

メアリー セレスト

> メアリーセレスト号の謎は解明されてますか? の「謎」というのが「乗組員はなぜ船を捨てて救命ボートで脱出したのか?」についての事であるなら、答えは「いまだに解明されていないし、将来解明される見通しもない」ということになるでしょう。. 。. メアリー・セレスト号は大量の工業用アルコールを積み、イタリア・ジェノヴァに向けてニューヨークを11月7日に出航。発見されたのは1872年 12月4日(5日説も)。ポルトガル沖の大西洋上での出来事です。. See full list on myworldhistoryblog.

【クトゥルフ神話TRPG】「沈没せしメアリーセレスト」part1 TRPG とある資産家が主催する“船上ミステリーツアー” 貴方たちはさまざまな理由で招待状を受け取り、この. まとめると、メアリー・セレスト号を有名にした要因の一つに「無人の船内はついさきほどまで人がいた痕跡がある」と言う部分です。 しかし、これは後年に後付された物と言う事は確実になっており、そもそも最初に小型ボートで乗り込んだオリヴァー・デヴォーも「朝食等は無かった」と証言しています。 シャーロック・ホームズで有名なコナン・ドイルもこの事件を自分の著書『J・ハバクック・ジェフソンの証言』の中で取り上げており、その内容が今日のオカルトチックな部分前面に押し出す形になってしまいました。 テレビやネットも無い時代、さも本当にあった風に書いたら世の中の人は信じてしまうでしょう。 しかも「メアリー・セレスト号事件」自体は元々皆知っていたらなおの事神秘性が増します。 こう考えるとメアリー・セレスト号事件は割と一般的な当時の船舶事故に近い物だったと言う事になります。 興味深いのはフォスダイク文書と呼ばれる40年後になって発見された当時の乗員の話です。 フォスダイクはそのまま人名で、当時ブリッグス船長と知り合いでありアメリカから脱出するためにメアリー・セレスト号に乗り込んだ様です。 そのフォスダイクによると、事件の概要はブリッグス船長が「服を着たまま人は泳げるか」と言う事を船上で思いつき皆でそれに興じたと言う事の様です。 船長自ら率先して海に飛び込んだ経緯が書かれています。 思いの他ウケた他の船員たちも次々に飛び込み、妻と娘を含む残された乗員も船上の特別デッキの上からそれを見ていましたが突如このデッキも壊れ全員海に投げ出されてしまいます。 折悪くそこにサメが出没し何名かはサメに襲われ、又何名かは溺死したと言う事です。 フォスダイクはたまたまデッキの破片の上に乗っていた事もありそのまま漂流しアフリカの海岸にたどり着いたとの事です。 この一連の経緯が非常に細かく書かれている事もあり、現在では信憑性のある説として研究されています。 事実としての実証が無い事が唯一の欠点ですが、可能性はあると思いますね。 如何でしょう。 メアリー・セレスト号事件は海洋にまつわる不気味で不思議な謎とされていますが、事実は想定よりも普通の事なのかもしれませんね。. 1872年12月5日の昼下がり、 リスボンから700kmほど西の海を ジブラルタルに向かって航行中の デイ・グラシア号は、海上を漂流する 一隻の奇妙な帆船に遭遇します。 船体に メアリー・セレスト(Mary Celeste) と名前が刻まれたその漂流船は 呼びかけや信号にまったく反応せず、 デイ・グラシア号の船長のモアハウスが 小型船で内部に人を送って調べさせたところ、 内部に浸水や破壊の跡が まったくなかったにもかかわらず、 生きた人間どころか死体すら 一つも発見されなかったのです。 そしてさらに奇怪だったことは、 キッチンに淹れたてのコーヒーと 作りかけの朝食が用意され、 船員の部屋には食べかけの食事と 貴重品を含んだ荷物が そのまま残されていたことでした。. メアリー・セレスト 後世における脚色・都市伝説 この事件は後世、様々な脚色や事実と異なる創作が盛り込まれ、半ば都市伝説と化している。中でも有名な俗伝は、「発見時、船内には直前まで人が生活していたような形跡があった」とするも. メアリー・セレストは、全長103フィート(約31メートル)、282トンのブリガンティン(2本マストの帆船)である。 もともとは1861年、ノバスコシアのスペンサー島で「アマゾン」の船名で建造された。.

実は、 冒頭で触れた船内の様子のうち、 セレスト号に淹れたてのコーヒーと 朝食が残されていたという部分は、 後世の人々が広めた作り話です。 この話が広まった背景の一つに、 セレスト号の事件を下敷きとして 「シャーロックホームズ」で有名な コナン・ドイルが1884年に匿名で投稿した 『J・ハバクック・ジェフソンの証言』 という小説作品があります。 この作品の中で、 話を盛り上げるために先述した コーヒーと朝食の描写が登場しており、 それを事実と誤認した人々によって メアリー セレスト このような根も葉も無い噂話が 広まってしまったのです。 (↑ちなみに件の作品はこちらで日本語訳が読めます). 事件そのものとは別に船自体がどうなったかという話だが、船はそのままデイ・グラシア号の船員が航行しジブラルタルまで到着させた。ただしその行為が不正を疑われ船員は裁判にかけられることになる。 流石に有罪にはならず船と船の積み荷の15%が船員には分配されるに過ぎなかった。 船そのものはその後さまざまな人物に所有されたが、最後の所有者は保険詐欺をするためにメアリーセレスト号をわざと座礁させて保険金を詐取しようとしたがバレて逮捕され、船そのものも廃棄されるという何とも言えない最後を迎えることとなった。. 両船長共謀説 メアリー セレスト 2. メアリー セレスト moondriver "メアリー・セレスト号が見つかって40年あまり後のこと、アベル・フォスダイクという人物の手による文書が発表された。フォスダイクは十分な教育を受けた人物で、メアリー・セレスト号の密乗者であった" Wikipedia; 歴史; 事故. 事件が一段落した後。 メアリー・セレスト号は不気味に思われながらも、しばらくは持ち主を変えながら、船としての役割を続けた。 しかし1885年に、ハイチのゴナーブ島に座礁し、再起不能となる。 これは当時の持ち主であったギルマン・C・パーカーが保険金目当てにわざとやったのだろうという見方がはなから有力だった。 最終的にパーカーは逮捕され、メアリー・セレストは、回収もされずに放棄されることになったのだった。 一応その残骸は、年8月に発見されたらしい。.

See full list on gamethankyou. materials, TRPG / 「沈没せしメアリーセレスト」動画素材集 / July 28th, - pixiv. #ジャックのゆっくり解説室 #ミステリー #メアリーセレストどうも、ジャックです。今回は幽霊船とも呼ばれるメアリー・セレスト号につい. メアリー セレスト メアリー・セレストはもともと曰く付きだったとされる。 完成当初、長さ99. メアリーセレスト船の大きさは約30メートルで300トン近くの重さがある。 元々はカナダの都市で作られ、名前をアマゾン号と名付けられた船は 所有者が変わる度に名前が変わって行き、1869年になってからはメアリーセレスト号と名付けられるようになった.

他の乗組員たちとともに消えてしまったメアリー・セレスト号の船長ベンジャミン・スプーナー・ブリッグスは、かなり優れた船乗りだったようだ。 メアリー セレスト 彼が生まれたブリッグス家は、そもそも船乗り一家で、ベンジャミンも人生の大半が海での暮らしだった。 兄弟も四人いたようだが、船と関係のない仕事に就いた者は一人だけだったという。 ベンジャミンは日常的に聖書を読むこむほど、神への信仰に熱い人で、その能力はもちろん、公平を重んじる精神から、部下たちからの信頼も厚かったとされる。 1862年にフォレストキングという船を持った彼は、同年に従姉妹のサラ・エリザベス・コブと結婚。 そして最初の息子アーサーが生まれた1865年に、ベンジャミンは兄弟でありビジネスパートナーでもあったオリバーに、そのフォレストキングに関する指揮権を譲った。 1870年には、娘のソフィア・マチルダ・ブリッグスが生まれる。 この頃には船乗りとして、かなり安定した地位にあったようだが、彼はオリバーと共に、業界から引退するべきか悩んでいたらしい。 しかし結局、1872年にメアリー・セレスト号の船長となったベンジャミンは、また海に出ることになったのだった。. 船員の反乱説 6. More メアリー セレスト videos. 事件の真相を追う前に、 マリー・セレスト号に関する 基本情報を確認しておきましょう。 マリー・セレスト号は 全長約30メートルの 2本マストを備えた帆船で、 所有者は当時38歳の ベンジャミン・ブリッグス船長でした。 (ベンジャミン・ブリッグス船長) 1872年11月7日、 セレスト号は1700樽の 工業用アルコールを積荷として ニューヨーク港から イタリアのジェノバへ出航。 この時の乗員は、 ブリッグス船長と妻のセーラ、 2歳の娘ソフィアに8名の船員を加えた 合計11名だったと記録されています そして、船長室で発見された 日記には、セレスト号が発見される 1日前まで書き込みがされており、 少なくともその時点まで 船は問題なく航行していたことが 予想されます。 また、先述したように 船体に破壊の跡などは一切なく、 船員たちの荷物や貴重品は手付かずで 一方、唯一の救命ボートは無くなっており ボートがあった場所には誰かが無理やり 引き剥がしたような跡が残されていました。. メアリー・セレスト号は 全長31mの282トンの2本マストの帆船 で、元々1861年にノバスコシアのスペンサー島で「アマゾン」という名前で建造されていた。.

wwwww: /06/01 09:59:07: 08:35 メアリー セレスト 絶対美味しい: /06/01 10:03:16: 08:13 別れた後のこの感想ほんまクズいwww: /06/01 メアリー セレスト 16:33:23. . 「アメリカの農場にUFO墜落す!」 このあまりにショッキングなニュースは、 第二次大戦の爪痕がまだ色濃く残る 1947年の7月8日早朝に、 ロズウェル陸軍飛行場の報道官によって公表され 瞬く間に世界中を震撼させました。 時は遡って1947年6月14日の午後9時ごろ、 アメリカのニューメキシコ州 ロズウェル北西部の農場で働く ウィリアム・”マック”・ブレイゼル氏は、 自身の管理する農場で 異様な爆発音を耳にします。 音の発生源を確かめるため、 馬を駆って現場へと駆けつけた ブレイゼルの目に飛び込んできたのは、 見たこともない金属製の奇妙な残骸が 1km四方にわたって散乱している様子でした。 ゴムひも、スズ箔、丈夫な紙、 棒などで構成されたそれらの残骸には 所々に未知の言語で文字が書かれており、 火をつけても煙すら上がらなかったそうです。 やがて、これが少し前に 噂で聞いた空飛ぶ円盤ではないかと 懸念を抱いたブレイゼル氏は、 地元の保安官へ事の次第を通報。 そしてその保安官がさらに ロズウェル陸軍飛行場へと連絡し、 農場の残骸は最終的に 事件発生から2日後の7月7日に 米国陸軍関係者. 水棲型未確認生物の襲撃説 等があります。 1の両船長共謀説は先ほども述べた通り保険金等を得るために二人が仕組んで船を遺棄したとするものです。 最近ではあまり信憑性は無くなっているようですね。 2番の海賊襲撃説も何かしらの痕跡がメアリー・セレスト号側に残るはずですので、争った形跡が見つからないため可能性は低いでしょう。 同じく5番の船員の反乱も、もう少し破損する部分が出てくるはずです。 3番の麦角菌と言うのは食料として積んであったパンに麦角菌が付着していて、それを食べた乗員が幻覚にさいなまされた後に海に飛び込んだとする説です。 これも全員一度に同じタイミングでかかるとなると可能性は低く、事件後の調査で麦角菌の名前が出ない事から無さそうです。 4番はニューヨークから積んできたメタノールが爆発したとする説です。 爆発その物による破損等が原因では無く、驚いた乗員たちが早々に船を破棄して逃げたとする説ですね。 6のハリケーンや竜巻説も根強いです。これは船舶発見当初船がびしょ濡れだった事から言われました。 メアリー セレスト 記録では発見する前には嵐が来ていた可能性も高いとの事。気になるのは風雨による物が散らかった痕跡が見られなかった事ですね。これも最近ではあまり言われなくなった説です。 7番の未確認生物襲撃説と言うのは、正に未知の巨大な生物によりあっというまに乗員のみ船から引きだされてしまったとする説です。 正直言ってこの説は可能性が低いだけでなく、あくまで保険的な位置づけで付けられた物と言えるでしょう。今よりも科学が発達していなかった当時らしい説とも言えます。. 1960年代、 アスマト族の居住地には すでに植民国である オランダの宣教師たちが 10年ほど滞在していましたが、 それでもまだ、外部の人間を 見たことがないアスマト人も 数多くいました。 そして、アスマト族には 西洋文明からすると禁忌とも言える いくつかの独特な風習があったのです。 その中には例えば お互いの尿を飲む結婚の儀式や、 同性同士での性行為、 そして部族間の争いで倒した 敵の頭部を切断する首刈りや、 他の人間の肉を食べる食人行為(カニバリズム) なども含まれていました。 しかしそれを承知の上でマイケルは、 アスマト人の主要なコミュニティである オッツヤンプへ何人かの研究者や ドキュメンタリー制作者らと チームを組んで潜入します。 そしてその結果、 マイケルはアスマト人達と接触し 写真を撮ることこそ成功しますが、 最大の目的である彼らの美術品を 手に入れることには失敗してしまいます。 (現地で撮影された写真の一枚) とはいえひとまず ファーストコンタクトに 成功したマイケルは そのことで俄然やる気を燃やし、 ますますアスマト人の調査や 美術品収集に意欲を 燃やすようにな. 麦角菌汚染説 4.

メアリー・セレスト号事件 4日の日記に記したメアリー・セレスト号事件について、もう少し詳しく記します。 144年前の12月4日、メアリー・セレスト号の1週間後に同じニューヨーク港を出発したデイ・グラチア号が、ポルトガル沖を漂流していたメアリー・セレスト号を発見した時、2時間ほど. メアリー・セレスト号とは、1872年に海上で発見された無人の船である。乗組員がどこに行ったのかは今でも謎である。 事件当日 1872年12月4日(19世紀は標準時の制定前であるため、12月5日であったともいわれる)、メアリー・セレストは、カナダ船籍のデイ・グラツィア(ラテン語:神の恩寵. メアリー・セレスト号(Mary Celeste)は、シャーロック・ホームズのシリーズなどでも有名な作家アーサー・コナン・ドイル(1859~1930)が小説にそれを登場させるにあたって使ったマリー・セレストという名前でもよく知られている。 問題の小説は、コーンヒルマガジンの1884年1月号に掲載されたという「J・ハバクック・ジェフソンの証言(J.

メアリー・セレスト号とは、 187 2年に ポルトガル 沖 で見つかった船である。 (英語 表記:M ar y Celeste )発見された際、 無 人だった。� なぜ乗員がいなくなったのか今だに分かっておらず、航 海 史上最大の 謎 と言われてる。. メアリー・セレスト号とは現実正解に実在した船の名前。 船員等10名を乗せて出港したにもかかわらず、1872年にポルトガル沖で無人の状態で発見されたらしいのですが. 現在でも注目されている事件ですから、東夷はもっと説明のつかない不可思議な事件とされていたんでしょう。 先ず最初に、メアリー・セレスト号とデイ・グラツィア号の両船長共謀事件とみられました。 お互い親密度が高かった事も災いし、現在で言う所の保険金詐欺的な扱いを受けた様ですね。 他にも最初に乗り込んだデイ・グラツィア号の船員たちが窃盗などの不正を働いたとされる見解も多くありました。 結果的にそれを隠蔽するために様々な証言を後付し、それらが「人がいない船」「手すりの血痕」等オカルトチックな物になったと言う事です。 あくまで当時の世論ですが、結果的にデイ・グラツィア号に嫌疑の目が向けられる事が多くなったんです。 メアリー・セレスト号はその後も売却され何人もの手を渡り有る事になります。 最後の所有者の際には本当に保険金詐欺目的で使用され、ハイチ沖で意図的に沈められましたがバレてしまい上手く行かなかったと言われています。 余談ですが、ウィキによると年に作家のクライヴとカナダの映画会社の手により沈んだ船舶の一部が発見されています。. 実はメアリー・セレスト号を発見したのは元々この船の船長と親しいモアハウス船長でした。 モアハウスが乗っていた船はデイ・グラツィア号で、これはイギリスの船舶でした。 メアリー・セレスト号がニューヨークに停泊していた時は隣合わせに停まっていた船です。 後に判明した事はモアハウス船長はセレスト号の船長ブリッグスと会食をした事もあるほど仲が良かったんですね。 お互いニューヨークを出発したのも1週間程の差しかなく、先に出たのがメアリーセレスト号でした。 ポルトガル沖で発見した際には遭難信号は出ていなかったため、漂流中と見られ最初2時間程は遠巻きから様子を観察するとどまりました。 しかし、あまりにも人の気配が無い。これはいよいよおかしいぞと言う事になって乗り込んでみると、冒頭で書いた様に誰もいない状況だったんですね。 この時小型ボートで率先してメアリー・セレスト号に乗り込んだデイ・グラツィア号の船員で、オリヴァー・デヴォーと言う男性の証言によると何故か船全体がびしょ濡れの状態だったと言う事です。 大きな破損ではないですが船倉は既に浸水し、ポンプも殆どが操作不能の状態であった事が分かっていますが、これは船を破棄するレベルではありません。 それとは別で故意に破壊されたと見られた部分があり、クロノメーターや羅針盤が該当します。 他にも手すりに血痕が付いて居た事と避難用ボートも故意に離されていたと見られています。 何かしらの理由があって意図的に船を見捨てて皆どこかに行ったのでしょうか。 よく血の付いたナイフが見つかったと言う逸話もありますが、これは船長のベッドの下にあった錆びたナイフの事の様ですね。 一見すると赤さびが血の様に見えた事から、後世になって脚色された話だと思います。 積んであった半年分の食料はそのまま、航海日誌も最後の日付は11月24日の物でその際はアゾレス諸島沖に居た事が分かりました。 どうやらこの時点では以上は無かったとも見られています。. 建造当初は「アマゾン号」と名付けられていましたが、何度か所有者が変わったため最終的には「メアリー・セレスト号」という名前に決まったのです。 全長約31メートル、重さ282トン、マスト2本の当時ではありふれた船でした。. . メアリー・セレスト号は1861年にカナダで建造された全長約31メートルの商用帆船で、建造当時は「アマゾン号」という船名でした。 なぜか所有者が何度も変わりましたが、1869年に船名をメアリー・セレスト号と改め、アメリカ船籍の貨物船として活躍して. メアリー・セレスト号が発見されたのは1872年12月4日の事とされています。 場所はポルトガル沖で、発見された時は先に説明した通り無人の状態でした。 この事件のおよそ一ヶ月前にニューヨークからイタリアのジェノバに向けて出港した記録は残っています。 その際の主な積荷は工業用メタノール等で、これは当時のアメリカ企業メッシナ・アッカーマン&コインから輸送される予定の物でした。 判明している乗員は船員が7名、ブリッグス船長とその妻と娘の合わせて10名でした。 個人的には船員7名と言うのは少ない気もするんですが、当時はこれぐらいの人員が一般的だったんでしょうか。 この船が建造された当初は「アマゾン号」と言う名前で、後にメアリー・セレスト号に改名されていますがそもそも建造の段階で何度も事故が多発したとも言われています。 ここ関しては真相は闇の中で、実際どの様な事故がどれぐらい起きていたのかは不明です。後世になって後付された可能性も高いですね。 メアリー・セレスト号の大きさは全長約31メートルで帆は二本のブリガンティン型船舶でした。 航行技術も大分発展して来たとは言え当時はまだまだ帆船ですね、エンジンの登場はもう少し後の事です。 日本でも欧米でも船舶にまつわる迷信は古くから多く、死と隣り合わせと言う場所が大海原でしたから当時のこうした背景が相まってなおの事メアリー・セレスト号事件はオカルトとして有名になったのかもしれませんね。.

海賊襲撃説 3. See メアリー セレスト full list on chahoo. メアリー・セレスト号について wikiには書いてないようなのですが、これは本当なのですか?↓ 船長室には、食べかけでまだ暖かい朝食(皿に 盛られたベーコンやパン、半切りのゆで卵など )が残されており、コー.

【クトゥルフ神話TRPG】「沈没せしメアリーセレスト」part6 TRPG be/jLWS-LKhgXYsm36980902. ご視聴ありがとうございます。白犀ラジオ、雑談的な動画です。本日のお題、映画の紹介、朗読など。1、お題「メアリー・セレスト号」0:00~2. ニューヨークを発ってから行方知れずとなっていたメアリー・セレスト号だが、1878年12月4日午後3時頃に、アゾレス諸島とポルトガルの海岸の間の海域で、ついに発見される。 発見した船はデイ・グラティアという船で、船長はデヴィッド・モアハウスという人だった。 偶然ではあるが、ベンジャミン船長とモアハウスは、業界内では近い立場にあったようで、知り合いだった可能性が高いとされている。 少なくともモアハウスは、メアリー・セレストをはっきり知っていて、遭遇した船がすぐにそれであると判断ついたらしい。 異常を察知するや、モアハウスと共に何人かが、メアリー・セレストに乗り込んだが、例によって、それは無人となっていたわけである。 しかし捨てなければならないほどに、船がひどい損傷を受けた様子はなく、かなり不気味であった。 モアハウスらは、メアリー・セレストを港に連れ帰った後に、「海事法(maritime law)」に則(のっと)って、「遭難船回収(shipwreck salvage)」の報酬を要求。 しかし、モアハウスとベンジャミンの関係的に、これはある種の詐欺なのではないか、という疑惑も出て、裁判沙汰にまでなる。 結局のところモアハウスらは無罪とされ、報酬も受け取っている。 ただそれはともかく、このような裁判が行われたおかげで、発見当初の船の様子などは、かなりはっきり記録に残っているという。 このメアリー・セレスト発見者たちの証言記録とも言える裁判記録は、懐疑論者からは特によく重要視されている。 事件に関して伝説的に語られている怪奇的な要素の多くが、この公式の記録に存在していないからである。. この様に建造当時から沈没するまで様々な逸話がつきまとうメアリー・セレスト号ですが、唯一確かな事は発見時誰も乗っていなかったと言う事です。 ここだけ切り取って見ても謎の事で、どういう理由で船を破棄したのか研究されてきました。 主な仮説としては 1. はずでした。 時は移って31年後の1978年。 当時残骸の回収に携わった ジェシー・マーセル少佐が、 「実は、1947年に軍が回収した残骸は 気象衛星ではなく、本当に 宇宙人の乗り物だったんです」と まさかのカミングアウト。 軍の内部関係者の告発という 強力な着火剤を得た本事件は 再び世界の注目を浴び、 その後もUFOや宇宙人の 実在を示す新たな証言が次々と 持ち上がることとなったのです。. 8 メートル)、深さ11. 折角なんで世界史&ミステリーマニアの俺が事件の謎を解くぜ! 真相なんてもちろんわからないけれど、思いついたことをそのまま書いてみようかなと思う。 まず、メアリーセレスト号から船員や船長が脱出した方法は無くなった救命ボートによるもので間違いないだろう。神隠しにでも会わない限り人は忽然と姿を消したりはしない。 次にクロノメーターや六分儀が壊れていたのは意図的なので明らかに「壊した」と考えるのが妥当であろう。方位磁針や時計も同様なのかそれらは浸水によって壊れたのかまではわからないが、それら航海に必要な装置を壊したというのは残った誰かに航海をさせないためだと思われる。それ以外でそれらを破壊すべき合理的な理由は見当たらない。. (家族と写真に映るマイケル・ロックフェラー) 1938年にニューヨーク州知事、 ネルソン・ロックフェラーの 息子として生を受けたマイケルは 周囲から、将来は一族の莫大な財産の 管理・運用を行うことを期待されて育ちます。 しかしそんな期待とは裏腹に、 マイケルが心を熱くさせたのは 父がコレクションしていた ナイジェリアやアステカ、マヤの ミステリアスな原始美術品でした。 つまるところ、 彼は使いきれないほどの 大金に埋もれるよりも、 未開の土地に赴いて美術品の収集や 人類学的な研究を行う人生を 望むような青年だったのです。 そして1960年、 ハーバードを卒業した24歳のマイケルは、 ニューギニアに住むアスマト人(Asmat)の 芸術品を収集するために、念願だった 冒険の旅へと出かけることになりました。.

1960年代初頭、 石油で財を成したアメリカの巨大財閥 ロックフェラー一族の若き後継者が 未開の地パプアニューギニアで 忽然と姿を消し、世界を騒然とさせました。 眼鏡をかけ、 知的な顔立ちをした青年の名は マイケル・C・ロックフェラー。 名門ハーバード大学を卒業し、 何不自由無い人生を送るはずだった彼が なぜ、25歳という若さで この世を去ることとなったのか。 憶測が憶測を呼び、 人々は遂に、ある可能性を 口にし始めます。 「もしかするとマイケルは、 パプアニューギニアの人食い部族に 食い殺されたのではないか」と。. More メアリー セレスト images.